富士山を眺める・・・大事件の跡地で

富士山を眺める・・・大事件の跡地で

昔、この撮影地点当たりにオウム真理教のサティアンがあったのです。
ヘッドギアをした人が建物の周りにいたのを覚えてます。

下の写真は地下鉄サリン事件後の1995年11月頃に撮影したもの。

当時は道路から施設への入り口には警官が2人立っていて、車を止めて写真撮影するのもどうかなと思いながら撮りましたが、直後に大型観光バスが来て車内から観光してましたよ。

今はすっかりその面影もなく、綺麗な富士山を眺めることができます。
サティアンのあった場所も正確には思い出せません。

でも当時も今も、ここから見る富士山は均整が取れていて綺麗ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です