普光寺の磨崖仏

普光寺の磨崖仏

高さ11.4mの不動明王は日本最大級の磨崖仏だそうです。
国道57号からのアクセスも悪くなかったですよ。

国道57号を移動中に案内標識を見つけたのですが、何があるのか判らないまま寄り道しました。
この辺りの道路は細いので嫌だったんですけどね。
しかし、普光寺へは不安を感じることもなくたどり着けました。

普光寺は日羅よって583年に開山されたと伝えらています。

旅行

山門をくぐり、左手を見ると谷間の向こうに磨崖仏が見えます。
谷間には2500株もの紫陽花が植えられていて、6月頃は紫陽花が満開になるんでしょうね。

旅行

左端に磨崖仏と石窟が2つあり、右端の石窟には護摩堂があります。
この石窟の中にも多聞天や弁才天の磨崖仏があるらしいのですが、確認してこなかったです。

旅行

不動明王の両脇に矜羯羅童子、制咤迦童子像が彫られています。
不動明王の背後の壁面いっぱいに炎が彫られているようですが、よくわかりませんね。
岩壁を流れた水によるものと思われる茶色の染みが、炎に見えなくもないですが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です