願成寺白水阿弥陀堂

願成寺白水阿弥陀堂

1160年にこの地を治めた岩城則道の妻で藤原清衡の娘徳姫が、夫の冥福を祈るために建てたとされています。

いわき市に国宝の阿弥陀堂があると聞いて出かけてきました。

白水阿弥陀堂の手前100m位のところに駐車場がありましたが、地元のおばちゃんたちがいたので有料かと思いました。
ところが無料でしたね。
おばちゃんたちは農産物を直売する準備のようでしたね。

拝観料は中学生以上で400円。
支払いを済ませて白水阿弥陀堂を見学に入ります。

旅行

阿弥陀堂は三方を池に囲まれています。
あぁ、見えてきましたね。

旅行

遠くから見ても綺麗な姿ですね。
手前の塗りが剥げてますが、朱色の橋とのコントラストがいいですよ。

旅行

旅行

旅行

何とも優雅な佇まいです。
阿弥陀堂が建てられたとされる1160年もこんな景色だったのでしょうか。

徳姫の出身地、平泉の毛越寺などの寺院の影響を受けているそうですよ。

旅行

堂内には重要文化財の阿弥陀如来像や観世音菩薩立像などがあるそうです。
中を覗くとそれらしき像が見えますが、これのことでしょうかね。

周囲に建物も少ないですけど、意外と案内板なども少なくて、建物の歴史などがわからずただ見るだけでした。。

願成寺白水阿弥陀堂の情報

店名
願成寺白水阿弥陀堂
住所
福島県いわき市内郷白水町広畑219
37.03652,140.837273

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です