タイ郊外のホテルへ向かう途中

スワンナプーム国際空港からバンコク郊外のホテルに向かう途中、警官や報道の人が集まる交差点を通りました。
デモ隊の有力者が亡くなったようです。

2月2日の選挙に向けて、デモ隊の活動が激しくなるといけないので、今回の宿泊はバンコク郊外のホテルに泊まります。

そのホテルにタクシーで向かう途中の交差点で、警官や報道の人たちが集まっているのを見つけました。
交通事故かなと思いつつ見ていたら、タクシーの運転手さんが手で銃を撃つまねをしています。

どうやら発砲事件のようです。

ところが翌日に知り合いから話を聞いたところ、それは銃撃戦だったのだとか。

AFPBB Newsに記載がありました。
「トラックの荷台に立ち演説をしていた反政府派デモ隊のリーダーが銃で撃たれ死亡した。」とのことです。

安全なように郊外にしたのにこれですか。
どこでも一緒ならスクンビットに宿泊でもよかったな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です