平和台公園

平和台公園

ようやく宮崎に着きました。
客先に入る前に平和台公園の駐車場で、コンビニ弁当でお昼です。。。

宮崎神宮から車で5分程度。県庁からからでも10分程でつきます。

駐車場には私と同じようにお昼を食べる営業らしき人たち。
食べ終わったら公園も見学を。

平和台公園の一番の見所はこの”平和の塔”です。

広場の塔正面に石の板が置いてありますが(下段左の写真の中央手前)、そこに立って手をたたくと、塔に音が反響します。
子供がやりそうな事ですが、ついつい試してしまいました。

平和の塔はもともと「八紘之基柱(あめつちのもとはしら)」、通称「八紘一宇の塔」(はっこういちうのとう)と呼ばれていたそうです。戦後になって「平和の塔」と名前を改めたのですが、一時期は塔の四隅にある武人・工人・農人・漁人をあらわした四魂の像の内の武人と、正面の「八紘一宇」の文字が外されていたそうです。

正面には神武天皇のお船出の古事がレリーフされている青銅の扉があります(下段中央の写真)。

この平和の塔の設計はサッカー日本代表のエンブレム、八咫烏のデザインで有名な日名子実三氏です。日名子実三氏は日向市美々津にある「

日本海軍発祥の地の碑」も手がけています。

「平和の塔」の北側には埴輪園があります。その敷地内には約400基の埴輪が置かれていて、遊歩道を歩くだけでも楽しいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です