西山荘

西山荘

水戸黄門でおなじみの水戸藩2代藩主徳川光圀の隠居所。
現在の建物は1819年に再建されたものです。

国道293号を走っていると薄く消えかけた「西山荘」の案内標識を発見。
ちょっと寄り道してみます。

大きな無料の駐車場があり、ここから300m程歩いて受付へ。
料金は大人 735円、小中学生525円。

旅行

受付から100m程で通用門が見えてきます。
通用門の方へは行かずに左手の道を歩いていくと、表門があります。
この左手の道は光圀公が常々歩いたお成り道だそうですよ。

頭の中に「ダッ ダダダダッ ダダダダッ」って水戸黄門のテーマ曲が・・・。

旅行

お成り道はさらに奥へ続いてますが、右手に表門が現れます。
ここを上がってお屋敷へ。
表門は光圀公が考案された、上に跳ね上げるようになっている門です。
今は左右の柱だけですけどね。

旅行

意外と広いお屋敷です。
やっぱりテレビのドラマとは違いますね(笑)

光圀公が住まわれた建物は1817年の野火により焼失しました。
現在の建物は1819年に8代藩主齊脩公により、規模を縮小して再建したものです。

テレビではもっと里にあるような設定でしたが、実際には山間にひっそりとある感じですね。

旅行

書斎や居間の奥には徳川のご紋が光ってます。
このお屋敷の裏には守護宅が公開されており、資料なども陳列されてました。

旅行

駐車場に戻る途中、池がありました。
光圀公の当時は、池は無かったそうです。
この池の一番奥の方に助さんの家があったそうです。

旅行

池の右側にある遊歩道を5分ぐらい歩くと助さんの屋敷跡です。
今は竹林になっていますが、写真右手の井戸は当時のものだそうですので、助さんも水を汲んだりしてたかもしれないですね。

ちなみに、私の中の水戸黄門さんは東野英治郎さん、助さんは里見浩太朗さんです。
見学している間、お二人のテレビのシーンを思いだしてました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です