木牟礼城址

木牟礼城址

島津氏三州支配の基礎を作った木牟礼城。
薩摩の国の守護所です。

出水市の武家屋敷群を見学して、ちょっと時間が空いたので木牟礼城址を見に来ました。

旅行

案内板によると

文治二年(1186)島津忠久が薩摩、大隅、日向、三国の地頭職に任ぜられ家臣の本田貞親を任地に下向さして三国の情勢をさぐらした。そして山門院(現在の野田を中心に高尾野、出水の針原、六月田の一部、荘、江内、阿久根の脇本)の豪族を平げて建久七年貞親は山門院の木牟礼に城を築いて島津氏三州支配の基礎を作った。(後略)

旅行

でも、島津忠久は木牟礼城には定住したことがないそうですよ。

旅行

平野部にできた古墳があるという感じなんですけど、昔からこうだったのでしょうかね。
城跡というイメージが無いですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です