武蔵と小次郎の巌流島

武蔵と小次郎の巌流島

巌流島は宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘をした島。
カモンワーフ付近から遊覧船で上陸してきました。

唐戸市場からカモンワーフを通った向こう側に観光遊覧船の船着き場があります。
宮本武蔵と佐々木小次郎が決闘した、巌流島へ渡らせてくれるんです。

1周800円なので乗ってみることにしました。

遊覧船で赤間神宮の前や壇ノ浦の合戦跡付近を通った後に巌流島へ上陸です。

旅行

上陸時間は20分なので、急いで見て廻ることにしましたが、見所なのかさっぱりわかりません。

人が歩いている方向へ私も向かってみます。

旅行

巌流島から見た関門橋方面です。
写真中央が関門橋で左手が下関、右手が門司になります。
ほとんど大きな川の中州にいるといった感じですね。
潮も川のように流れていますし。
周囲は遊泳禁止ですが、確かに泳いだら危なそうです。

旅行

船着き場から400mぐらい歩いたところにある展望広場には、武蔵と小次郎の像があります。

旅行

公園としてきれいに整備されているので、遠い昔の武蔵と小次郎の決闘に思いを馳せるという雰囲気ではないです。
しかし人工海浜にあった、武蔵が乗ってきたという設定の小舟が、何となくよかったですね。

巌流島上陸20分は長いかと思ったらあっという間でした。
私が船に乗ったのは出発ぎりぎりの時間です。

もしも乗り遅れたとしても、次の船を待てば大丈夫ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です